コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よんケー ヨンケー 4K

3件 の用語解説(よんケーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よん‐ケー(4K)

4000×2000ピクセルドット)程度の解像度パソコンディスプレーテレビ、高画質のデジタルビデオカメラデジタルシネマなどの解像度を表す際に用いられ、フルハイビジョンの約4倍程度の画素数(4098×2160)のものをさす。4K解像度。4K2K。4K×2K。→2K8KQFHD

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

4K

映画上映や放送などでの利用を想定している、解像度の高い次世代の映像規格のことです。実際の解像度はフルHDの縦横2倍である3840×2160ドット以上で、約4000×2000となることから、キロ(1000)を示す「K」を付けて「4K2K」、略して「4K」と呼ぶようになりました。4K対応テレビの発売や、4K映像の試験放送なども始まっています。
⇨8K、ハイビジョン、フルHD

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

4K

現行の「フルハイビジョン」の4倍の解像度を持つ、新しい映像技術。画素が横方向に約4千、縦方向に約2千、計約800万ある画面で表示する。Kは1千の意の「キロ」の頭文字テレビ局や家電メーカーでつくる「次世代放送推進フォーラム」が今月2日から、音楽やスポーツなどの番組の試験放送を衛星で始めている。

(2014-06-18 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よんケーの関連キーワードハイビジョン4K放送デジタルハイビジョンフルスペックハイビジョンQFHD2K8Kアクオスハイビジョンレコーダー月刊ザハイビジョンレグザハイビジョンレコーダー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone