よんケー(読み)ヨンケー(英語表記)4K

パソコンで困ったときに開く本の解説

映画上映や放送などでの利用を想定している、解像度の高い次世代の映像規格のことです。実際の解像度はフルHDの縦横2倍である3840×2160ドット以上で、約4000×2000となることから、キロ(1000)を示す「K」を付けて「4K2K」、略して「4K」と呼ぶようになりました。4K対応テレビの発売や、4K映像の試験放送なども始まっています。
⇨8K、ハイビジョン、フルHD

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

現行の「フルハイビジョン」の4倍の解像度を持つ、新しい映像技術。画素が横方向に約4千、縦方向に約2千、計約800万ある画面で表示する。Kは1千のの「キロ」の頭文字テレビ局や家電メーカーでつくる「次世代放送推進フォーラム」が今月2日から、音楽スポーツなどの番組の試験放送を衛星で始めている。

(2014-06-18 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android