コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わかさいも

デジタル大辞泉プラスの解説

わかさいも

北海道虻田郡洞爺湖町、わかさいも本舗が製造・販売する銘菓。大福豆を主原料とした白餡と昆布を練り込んだ和菓子

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

わかさいも
わかさいも

大福豆(白インゲン)を主材料とした半生(なま)の焼き菓子で、北海道洞爺湖(とうやこ)温泉の名物。洞爺湖周辺で収穫される特産の大福豆の粉に砂糖、卵を加え、サツマイモの色合いと風味をもつ餡(あん)をつくり、昆布のせん切りを混ぜ、小麦粉を練った皮でくるみ、表面に薄くしょうゆを刷(は)いて、天火で焼きいもそっくりに焼き上げる。1923年(大正12)に函館(はこだて)本線黒松内(くろまつない)駅で販売されたころは、菓名も「やきいも」であったが、1930年(昭和5)に洞爺湖温泉に移ったのを機に、創作者であるわかさいも本舗の初代・若狭函寿(わかさはこす)にちなみ「わかさいも」と名づけられた。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

わかさいもの関連キーワード北海道虻田郡洞爺湖町日本のおもな郷土菓子鬼伝説史生青鬼赤鬼

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android