(読み)ヰ

デジタル大辞泉 「ゐ」の意味・読み・例文・類語

ゐ[五十音]

五十音図ワ行の第2の仮名。現在は、五十音図ア行第2の仮名(ならびに五十音図ヤ行第2の仮名)「」と発音上の区別がなく、現代仮名遣いではこの仮名は用いられない。しかし、歴史的仮名遣いでは「い」と区別して用いる。
平仮名「ゐ」は「爲」の草体から。片仮名「ヰ」は「井」の全画の変形したもの。
[補説]「ゐ」は、古くは[wi]の音で、「い」(発音[i])と区別されていたが、鎌倉時代以降、発音が[i]となり、「い」との区別がなくなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ゐ」の意味・読み・例文・類語

ゐ【ゐ・ヰ】

  1. 〘 名詞 〙 五十音図の第十行第二段(ワ行イ段)に置かれ、五十音順で第四十五位(同音のかなの重複を含めるとき、第四十七位)のかな。いろは順では第二十五位で、「う」のあと、「の」の前に位置する。→い[ 二 ](ゐ・ヰ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android