コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイガモ

2件 の用語解説(アイガモの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アイガモ

一名ナキアヒルガンカモ科の鳥で,野生のマガモアヒル(マガモを家禽(かきん)化したもの)とを交配させた雑種。ふつう料理店でアイガモというのはアヒルのことである。
→関連項目アイガモ農法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイガモ
あいがも / 合鴨・間鴨
call duck
[学]Anas platyrhyncha var. domestica

鳥綱カモ目カモ科の鳥。アヒルの1品種で、よく鳴くためナキアヒルともいわれ、カモ猟のおとりとして使われることもある。地方名をつけて紀州ナキ、仙台ナキあるいは北九州の四季アヒルなどとよばれる。体形はマガモとほぼ同じであるが、アオクビ種と交雑されたこともあるので、大形化し羽色の純度が失われているものもある。肉質もマガモに近く、鴨(かも)料理に用いられる。相鴨(あいがも)という名称は、肉用アヒルを示す業者の用語である。また、地方によってマガモの長期飼育したものをアイガモということがある。[西田隆雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアイガモの言及

【カモ(鴨)】より

…いたり料理は手のこんだぜいたくな料理の意で,脂皮を除いて細切りにした肉をあたためた酒で洗ってワサビ酢をかける鴨鱠,杉箱の底に塩をぬりつけて火にかけ,その中でみそを溶かしてカモ,タイ,豆腐,ネギ,クワイ,ヤマノイモなどを煮て食べる杉焼といったものが,代表的なぜいたく料理だったというわけである。なお,カモ料理に用いるアイガモはマガモとアヒルの雑種である。【鈴木 晋一】。…

※「アイガモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アイガモの関連キーワードバリケン青首家鴨軽鴨鳴き家鴨真鴨間鴨溺れるアヒルアヒルアヒル卵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイガモの関連情報