アイシン精機[株](読み)アイシンせいき

百科事典マイペディア「アイシン精機[株]」の解説

アイシン精機[株]【アイシンせいき】

トヨタ自動車系の自動車機能部品メーカー。1943年トヨタ自動車と川崎航空機(現川崎重工業)が共同出資し,東海飛行機として創業。1945年愛知工業に改称。1965年に新川工業を吸収合併し,現社名に改称。電子化技術開発を強化。1997年刈谷工場の火災により,トヨタ自動車の生産が3日間全面停止し,〈かんばん方式〉の脆さと,迅速な代替調整で,トヨタグループの弱さと強さを浮き彫りにした。2000年代には,トヨタ自動車の生産拡大とともに売上げ・利益とも伸び続けたが,2008年世界同時不況の直撃を受けて急落赤字計上した。本社愛知県刈谷市,工場刈谷,新豊ほか。2011年資本金450億円,2011年3月期売上高2兆2574億円。売上構成(%)は,ドライブトレイン43,ボディ17,ブレーキ・シャシー20,エンジン10,情報関連6,住生活関連その他4。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android