直撃(読み)チョクゲキ

デジタル大辞泉の解説

ちょく‐げき【直撃】

[名](スル)
爆弾などが直接当たること。「砲弾の直撃を受ける」
直接に攻撃すること。害を直接受けること。「台風が本土を直撃する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょくげき【直撃】

( 名 ) スル
(爆弾などが)直接当たること。命中すること。比喩的にも用いる。 「大型台風が本州中部を-する」 「石油の値上げが家計を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょく‐げき【直撃】

〘名〙
① 直接に射撃や爆撃をして命中させること。直接に攻撃すること。
② 爆弾の被害を直接に受けること。爆弾が直接に命中すること。
※君の名は(1952‐54)〈菊田一夫〉三「仁科の妻は彼等の自宅が焼けたとき、焼夷弾の直撃を肩にうけて」
火垂るの墓(1967)〈野坂昭如〉「直撃二発おちよってん、むしろかぶせてほったろか思うたって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直撃の関連情報