コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイスボックス アイスボックス icebox

翻訳|icebox

3件 の用語解説(アイスボックスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイスボックス(icebox)

氷を用いて冷やす冷蔵庫。また、携帯用の冷蔵箱。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アイスボックス【icebox】

氷を使う冷蔵庫。特に、携帯用の氷冷蔵庫。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイスボックス
あいすぼっくす
ice box

氷やドライアイスなどで冷蔵するための携帯用箱形容器。上蓋(うわぶた)開閉式で、外箱、内箱とも合成樹脂のものが多く、断熱材にはポリウレタンや発泡(はっぽう)スチロールなどが使用されている。容量は4リットルから40リットルぐらいまである。保冷能力は氷量に比例するが、容量や製品によっても多少異なる。たとえば一般によく利用される20~25リットルのものは、4キログラムの氷を入れて40℃の場所に放置した場合、ケース内下部の温度が5℃以下に保たれるのは、平均して20時間くらいである。また、氷のかわりにドライアイスを使うと、保冷時間は約2倍になり効果的であるが、ドライアイスの温度は零下70℃以下と極端に低いため、直接飲食物を接触させると凍ってしまうので注意を要する。従来はもっぱら釣り用として利用されていたが、最近はピクニックやハイキングなどのレジャー用としても、広く利用されるようになった。[正木英子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイスボックスの関連キーワードイソブタン電気冷蔵庫緑の冷蔵庫ガス冷蔵庫冷蔵庫i-ツイン冷却ミスト冷却冷蔵庫の日飯ごう冷凍(冷蔵)条項

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイスボックスの関連情報