コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイスランド漁業事件 アイスランドぎょぎょうじけん Fisheries Jurisdiction Case

1件 の用語解説(アイスランド漁業事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイスランド漁業事件
アイスランドぎょぎょうじけん
Fisheries Jurisdiction Case

1971年のアイスランド漁業水域拡大 (12→50カイリ) をめぐって,同国とイギリス西ドイツとの間に生じた事件をいう。国際司法裁判所は,この事件について 74年7月に判決を下したが,この判決で注目すべき点は,公海自由の原則海洋資源保存の面から修正されること,12カイリの漁業水域や沿岸国の優先的漁業権が国際法上の制度として認められること,紛争当事国間での交渉義務などを明示したことである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイスランド漁業事件の関連キーワード漁業水域アイスランドポピー愛斯蘭イースランドアイスランド交響楽団アイスランド・スプリングアイスランド岩アイスランド・シープドッグ漁業水域に関する暫定措置法アイスランドホース種 (Icelandic Horse)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone