コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁業水域 ぎょぎょうすいいきfishery zone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁業水域
ぎょぎょうすいいき
fishery zone

沿岸国が漁業資源の配分や操業活動の規制について,排他的管轄権を行使できる水域。漁業専管水域ともいわれた。 1960年代にはアメリカ,カナダなどが第2次国連海洋法会議 (1960) で提唱した概念に基づき,12カイリの漁業水域が一般的制度として確定しつつあった。第3次国連海洋法会議 (73) および 76年アメリカが漁業保存管理法により 200カイリ漁業水域を設定したのを契機に各国に波及した。さらに,国連海洋法条約 (82) において 12カイリの領海および 200カイリの排他的経済水域が制度化されたため,いわゆる漁業水域は排他的経済水域に吸収され,事実上 200カイリまで拡大されることとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

漁業水域【ぎょぎょうすいいき】

沿岸国が資源保護のため一方的保存措置をとれる水域で,正確には漁業保存水域という。国際慣行上12マイル以内で沿岸国に排他的漁業を認めたが,のちに沿岸国が領海の外に200カイリにわたり,漁業資源保存などを理由に,外国船による漁獲を規制する水域をさすことになった。
→関連項目共同水域漁業漁区日米漁業交渉日露漁業交渉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょぎょうすいいき【漁業水域】

漁業が行われる水域。
沿岸国が漁業資源の保存・管理のために領海の外側に設置する水域。後の排他的経済水域の先駆けとなった。漁業専管水域ともいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漁業水域
ぎょぎょうすいいき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の漁業水域の言及

【漁業専管水域】より

…領海の外側に接する公海の一定水域であり,沿岸国が漁業資源の保存と管理に関して排他的な管轄権を行使できる水域。漁業水域ともいう。1982年に採択された国連海洋法条約は排他的経済水域の制度を新設したが,沿岸国はそれに代えて,漁業資源に対象を限定した漁業専管水域を設定できる。…

【国際漁業】より

…74年に実質審議が開始されると,すでに同会議の準備会議のため発足していた国連の拡大海底平和利用委員会でケニアが提唱していた200カイリ経済水域の概念は,発展途上国のみならず西欧諸国の支持も得て,会期を重ねるとともに確固たるものとなった。その結果,海洋法会議の最終的結論を待たずに,77年から多数の国が経済水域ないし漁業水域を設定した。日本も自国漁業の利益を損なわないよう同年5月に200カイリ漁業水域を設定した。…

※「漁業水域」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漁業水域の関連キーワード7年ぶりの南北(朝鮮)首脳会談領海及び接続水域に関する法律北太平洋漁業国際委員会アイスランド漁業事件二〇〇海里漁業水域200カイリ時代日ソ漁業協力協定200カイリ水域日韓共同規制水域遠洋底引網漁業水産業協同組合海洋法国際会議日韓漁業協定日米漁業協定日ロ漁業問題UNCLOS日豪漁業協定国際漁業協定漁獲総量規制日米カニ取極

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漁業水域の関連情報