コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイトネ アイトネAitne

1件 の用語解説(アイトネの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイトネ(Aitne)

木星の第31衛星。2001年に発見。名の由来はギリシャ神話の女神。非球形で平均直径は約3キロ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアイトネの言及

【火山】より

…たとえば,ギリシア神話に登場する火と鍛冶の神ヘファイストスはもともと東部地中海の火山の神といわれ,エトナ山をはじめとする火山はその仕事場であった。エトナ山(ギリシア名アイトネ)そのものの名も,ヘファイストスの妻とされるシチリアのニンフ,アイトネAitnēに由来している。ヘファイストスはローマの火の神ウルカヌスVulcanusと同一視され,このウルカヌスが火山を意味する英語volcanoやフランス語volcanの語源となった。…

※「アイトネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アイトネの関連キーワードアトリエ・ワンみかんぐみレーンキープサポートシステム中国婚姻法ホ ジノ松浦亜弥安藤希高橋マリ子機密保護法計測器工業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone