コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイヌ民族博物館 アイヌミンゾクハクブツカン

デジタル大辞泉の解説

アイヌ‐みんぞくはくぶつかん〔‐ミンゾクハクブツクワン〕【アイヌ民族博物館】

北海道白老郡白老町のポロト湖畔にある、アイヌ文化の保存・研究・紹介などのための博物館。昭和59年(1984)開設。資料を展示する本館のほか、家並みを再現した野外展示場がある。ポロトコタンアイヌ語で「大きい湖の集落」の意)ともよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の美術館・博物館INDEXの解説

アイヌみんぞくはくぶつかん 【アイヌ民族博物館】

北海道白老郡白老町にある歴史博物館。昭和59年(1984)創立。ポロト湖畔にかつてあったアイヌの村を復元した集落しらおいポロトコタン内に開設。アイヌの民俗資料を収蔵・展示する。◇「ポロトコタン」はアイヌ語で「大きい湖の集落」の意。
URL:http://www.ainu-museum.or.jp/
住所:〒059-0902 北海道白老郡白老町若草町2-3-4
電話:0144-82-3914

出典 講談社日本の美術館・博物館INDEXについて 情報

アイヌ民族博物館の関連キーワード北海道白老郡白老町日本のおもな博物館民族共生象徴空間白老(町)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイヌ民族博物館の関連情報