コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイフェル丘陵 アイフェルきゅうりょうEifel

世界大百科事典 第2版の解説

アイフェルきゅうりょう【アイフェル丘陵 Eifel】

ドイツ西部,ライン川の西,モーゼル川の北にある標高400~500mの丘陵ライン片岩山地の一部で,西はベルギーアルデンヌ山地に続く。全般に緩やかな起伏を示すが,概して北西に高く,南東に低い。農耕牧畜が行われているが,気候,土壌などの自然条件に恵まれず,人口希薄な地域となっている。南東部は古い火山活動地帯で,マールと呼ばれる美しい円形の湖や円頂丘,円錐丘が多く,北部の国立公園と共に近年観光客を集めている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android