コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

むつみ むつみ

2件 の用語解説(むつみの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

むつみ
むつみ

山口県北部,萩市中部の旧村域。阿武高原中部にある。 1955年吉部村と高俣村が合体してむつみ村が発足。 2005年萩市,川上村,田万川町,須佐町,村,福栄村の6市町村と合体して萩市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

むつみ
むつみ

山口県北東部、阿武(あぶ)郡にあった旧村名(むつみ村(そん))。現在は萩(はぎ)市東部を占める地域。阿武川の支流蔵目喜(ぞうめき)川の流域を占め、丘陵や台地からなる阿武高原の農山村。旧むつみ村は、1955年(昭和30)吉部(きべ)、高俣(たかまた)の2村が合併して成立。長く睦(むつ)み合う意の平仮名の村名となった。2005年(平成17)萩市と合併。国道315号が通じる。山間地であるが比較的農地に恵まれ、農家の経営耕地や水稲収穫量は県内でも高い水準にある。『和名抄(わみょうしょう)』の宅佐(たかさ)郷の地で早くから開けた。旧村時代に役場が置かれ、現在は萩市むつみ地域事務所のある吉部は近世萩(はぎ)藩奥阿武宰判勘場(さいばんかんば)(代官所)の所在地、また市場町として栄えた。米の生産調整による転作で野菜栽培が増えている。中国地方有数のダイコンの産地で、無角和牛飼育、ニジマスの養殖も盛ん。[三浦 肇]
『『むつみ村史』(1985・むつみ村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むつみの関連キーワード阿武川山口県阿武郡山口県萩市江向山口県萩市川上山口県萩市吉部上山口県萩市紫福山口県阿武郡阿武町惣郷山口県萩市中小川福栄〈村〉むつみ〈村〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

むつみの関連情報