コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイリアノス Ailianos, Klaudios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイリアノス
Ailianos, Klaudios

[生]170頃
[没]235
ローマのギリシア語作家。作品『雑録』 Poikilē historia (14巻) ,『動物の特性について』 Peri zōiōn idiotētos (17巻) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイリアノス
あいりあのす
Klaudios Ailianos
(170ころ―230以後)

ギリシア語で著作を残した古代ローマの文人。書簡体の文学やわずかの断片のほか、主著『動物の特性について』Peri zn idiottos17巻と『さまざまな話』Poikil histori14巻が現存する。ストア派の立場にたつ著者は、前者で動物の習性や珍談奇聞を紹介しながら、そこから人間は神の摂理に従って生きることを学ぶべきだと説き、後者では人間界の雑多なエピソードを羅列している。いずれも先行の諸文献から無秩序に話題を拾い集めた作品である。[中務哲郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アイリアノスの関連キーワードギリシア文学アエリアヌス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイリアノスの関連情報