雑録(読み)ザツロク

精選版 日本国語大辞典の解説

ざつ‐ろく【雑録】

〘名〙 いろいろのことを統一なく書き記すこと。また、その記録。雑記。
※俳諧・春泥句集(1777)序「多くもろもろの人と討論せしことを、雑録したるもの也」 〔新唐書‐芸文志二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雑録の言及

【伝奇】より

…一方,歴史的人物の逸話や事件の断片を集めた説話集は張鷟(ちようさく)の《朝野僉載(ちようやせんさい)》,趙璘(ちようりん)の《因話録》,李肇(りちよう)の《国史補》などが盛唐から中唐にかけて書かれ,さらに晩唐・五代へと続いていく。これらは〈志人小説〉とか,あるいは〈雑録〉〈叢談〉などと称せられる。これらは数十から300余編に及ぶ説話を記録していたが,その中には比較的長編でいわゆる伝奇風の内容をもつ作品もあり,これらの土壌から〈伝奇小説〉が生まれたと言えよう。…

※「雑録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報