アイリーン クラール(英語表記)Irene Kral

20世紀西洋人名事典の解説


1932.1.18 - 1978.8.15
歌手
シカゴ(イリノイ州)生まれ。
ロイ・クラールので1948年ジェイ・バークハート楽団やチャビー・ジャクソンなどの楽団を経て、タトル・テイルズに参加し、’55年ソロ歌手となる。’57年メイナード・ファーガソン楽団やスタン・ケントンシェリー・マンのコンボで歌い、その後一時引退生活を送るが、’74年ウディ・ハーマン楽団のアラン・ブロードベントと組んでカムバック、積極的に活動し’77年には初来日してライブ・レコーディングをする。同年8月母に捧げるアルバム録音が最後となり、’78年ガンのためこの世を去る。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android