コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アインシュタインの拡散式 Einstein's equation for diffusion

1件 の用語解説(アインシュタインの拡散式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

アインシュタインの拡散式【Einstein's equation for diffusion】

コロイド粒子の拡散についてアインシュタインにより提出された理論式.コロイド粒子ブラウン運動*は熱運動であるから,もし,コロイド溶液内に濃度の不均一が存在したならば,熱運動の結果,拡散が起きて,やがて濃度は均一となるはずである.これを表すためにアインシュタインが提案したのは

という式であり,これを,アインシュタインの拡散式,ときには「アインシュタインの拡散法則」と呼ぶ.

D は拡散係数(フィックの法則*での),R は気体定数,Nアヴォガドロ定数*T は絶対温度であるが,η は媒質の粘性,r はコロイド粒子を球と見なした場合の半径である.フィックの法則*サザーランド‐アインシュタインの式*を参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アインシュタインの拡散式の関連キーワードアインシュタイン宇宙正コロイド負コロイドアインシュタイン‐シュタルクの法則アインシュタイン‐ド=ブロイの関係式アインシュタインの関係式アインシュタインの比熱関数アインシュタインのブラウン運動の式シュタルク‐アインシュタインの法則ネルンスト‐アインシュタインの式

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone