アウクスブルク同盟(読み)アウクスブルクどうめい(英語表記)Augsburger Allianz; League of Augsburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウクスブルク同盟
アウクスブルクどうめい
Augsburger Allianz; League of Augsburg

1686年フランス王ルイ 14世の侵略にそなえて,神聖ローマ皇帝レオポルト1世と帝国諸侯の一部との間に結成された同盟。スペイン,スウェーデン両国王も,それぞれ帝国領土の一部保有者の資格で加入した。ファルツ領土の相続権を主張したルイ 14世が,ファルツ侵入を断行すると,アウクスブルク同盟はオランダ,イギリス,サボイアなど,帝国領外の国々をも含めた大連合に発展し,対仏大連合戦争になった。 (→ファルツ戦争 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android