コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形而上学叙説 けいじじょうがくじょせつDiscours de métaphysique

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

形而上学叙説
けいじじょうがくじょせつ
Discours de métaphysique

ドイツの哲学者 G.ライプニッツの代表作の一つ。 1686年2月上旬に書かれ,1846年 G.グローテフェントが初めて公刊した。原稿には標題はないが,E.ヘッセン=ラインフェルス伯宛の書簡 (1686.2.11.) にある「形而上学についての小叙説」という言葉からこの標題が付せられた。全 37節より成る小論ながら,神,実体,力学,人間の悟性と意志,信仰をテーマとして神から世界へ,世界から神への展開のなかに彼の哲学の全体系を包括している。ライプニッツは概略を A.アルノーに送って両者の間に実体概念を中心とする論争が行われ,そこからモナド予定調和を核とする後期の思想が発展していった。だが実体-主語に属性-述語を包摂させる論理学的解釈はこの著作独特のものであり,20世紀初めに B.ラッセルや L.クーチュラが注目してライプニッツの本領を『単子論』よりもむしろここに認めた。それ以来この著作は重視されるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報