アウグスブルクの宗教和議(読み)アウグスブルクのしゅうきょうわぎ

  • Augsburger Religionsfriede
  • アウグスブルクのしゅうきょうわぎ ‥シュウケウワギ

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1555年9月25日,アウグスブルクの国会でドイツにおける旧教徒とルター派との間で結ばれた協定
これによって,ドイツの諸侯は宗教選択権を得て宗教戦争は一応終結し,カトリックの全一的支配が消滅,ドイツ諸侯の宗教上の独立権が確立した。ただ個人の信仰の自由を認めなかったこと,カルヴァン派の選択が許されなかったこと,カトリックの留保権が大きかったことなど,妥協的色彩が濃い。このため,宗教紛争は依然として尾をひき,やがて三十年戦争の一因となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android