アウグスブルクの宗教和議(読み)アウグスブルクのしゅうきょうわぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

アウグスブルク‐の‐しゅうきょうわぎ ‥シュウケウワギ【アウグスブルクの宗教和議】

一五五五年、ドイツのアウグスブルクで、新旧キリスト教派間に結ばれた和約。一時的な妥協に過ぎず、のちの三十年戦争の遠因となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

アウグスブルクの宗教和議
アウグスブルクのしゅうきょうわぎ
Augsburger Religionsfriede

1555年9月25日,アウグスブルクの国会でドイツにおける旧教徒とルター派との間で結ばれた協定
これによって,ドイツの諸侯は宗教選択権を得て宗教戦争は一応終結し,カトリックの全一的支配が消滅,ドイツ諸侯の宗教上の独立権が確立した。ただ個人の信仰の自由を認めなかったこと,カルヴァン派の選択が許されなかったこと,カトリックの留保権が大きかったことなど,妥協色彩が濃い。このため,宗教紛争は依然として尾をひき,やがて三十年戦争一因となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報