アウストラロピテクス群(読み)アウストラロピテクスぐん(英語表記)Australopithecus

翻訳|Australopithecus

旺文社世界史事典 三訂版の解説

更新世(洪積世)初期の最古猿人
1924年以来,南アフリカ各地で化石骨が発見された。頭蓋 (とうがい) 容積ゴリラに近い(約600cc)が,直立歩行し,歯が人類的で礫 (れき) 石器を用いた。出現年代は約400万年前と考えられ,ジャワ原人(ピテカントロプス−エレクトゥス)など原人よりはるかに古い。アウストラロピテクスとは「南の」の意味。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android