アウトレットモール(読み)あうとれっともーる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アウトレットモール

工場直販や放出品を扱うショップが集まっているショッピングセンター。この種の業態は、1980年代にアメリカで生まれた小売業の新しいスタイルが基となっており、シーズン遅れや廃番、多少キズがあるといった高級ブランドの商品を、2~9割引の大特価で提供する在庫処分専門店の集合体であった。日本では93年、埼玉県入間市に最初の店が登場。以後、郊外を中心に20以上のアウトレットモールが生まれ、現在全国的に広がっている。店舗は、メーカーが自社生産品や自社企画品を販売する「ファクトリーアウトレット」と小売店がメーカーから仕入れた在庫品を扱う「リテールアウトレット」に大別できる。有名アウトレットセンターはおもに郊外に作られ、飲食店舗なども併設した大規模な施設が多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アウトレットモール

売れ残ったブランド品などを安く販売する店舗を、一堂に集めた商業施設。1980年代に米国で誕生したといわれる。高級ブランドの衣料品などが安く買えるため人気を集める。三井不動産や三菱地所系のほか、イオンも埼玉県越谷市今春にも開業。地方では地元資本の施設もある。

(2011-02-05 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウトレットモール
あうとれっともーる
outlet mall

専門店や百貨店などで販売されている有名ブランド品を低価格で販売するショッピングモール。アウトレットは「放出品、はけ口」の意で、工場直販店のファクトリー・アウトレットと小売業者によるリテール・アウトレットがある。1980年代にアメリカで誕生した小売業の形態で、日本では1990年代以降、大都市圏や観光地に巨大なモールが次々につくられた。メーカーにとっては、型番変更後の旧在庫品や返品された商品など、いわゆる「訳あり品」を割引価格で販売して現金化できるというメリットがある。一方、買い手にとっては一か所でさまざまなブランド品を安く購入できるというメリットがある。日本においては、大手商社などが開設し、巨大駐車場や多くの飲食店テナントが入るフードコートを付随するなどの特徴がある。人気化したことでアウトレットモールが急増し、メーカーにとっては不可欠な販売ルートの一つになった。そのため、多くのメーカーはアウトレットモール向けの商品ラインをもつようになっており、在庫処分という当初の意味合いは変質している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アウトレットモールの関連情報