コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウ火山(読み)あうかざん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウ火山
あうかざん
Gunung Awu

インドネシア北東部、サンギヘ島の活火山。標高1320メートル。玄武岩質、安山岩質で、山腹の火口湖でも噴火する。1640年以降しばしば噴火し、爆発、泥流、熱雲で多くの惨害を出した。死者は、1711年約3200人、1812年約1000人、1856年約2800人、1892年約1500人、1966年約90人などである。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアウ火山の言及

【サンギヘ[諸島]】より

…いずれも火山島で,地形は山がちである。主島は最大のサンギヘ島で,しばしば噴火したアウ火山(1860m)がそびえる。諸島の住民はスラウェシ北部と同じくミナハサ族を主とし,キリスト教化されている。…

※「アウ火山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android