アエギディウス・ロマヌス(英語表記)Aegidius Romanus

世界大百科事典 第2版の解説

アエギディウス・ロマヌス【Aegidius Romanus】

1247ころ‐1316
神学者,政治理論家。ローマで生まれ,アウグスティヌス修道会に入り,パリ大学ではトマスアクイナス講義出席。その学説の一部にトマスの影響が認められるが,トマス学派には属さない。大学当局と衝突して数年間修学を中断して後,パリ大学神学部教授となり,1292年修道会総長になるまで教える。彼は有限的事物における〈存在〉と〈本質〉の区別を説いたトマスの立場を支持し,この区別を〈物と物との間〉に存在する実在的区別にまで高めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android