コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカノガンモドキ Cariama cristata; red-legged seriema

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカノガンモドキ
Cariama cristata; red-legged seriema

ノガンモドキ目ノガンモドキ科。全長 75~90cm。ブラジル南部,ボリビア東部からアルゼンチン北部まで分布し,木のまばらな草原にすむ。背面が暗灰褐色で,額に扇型の長い冠羽(→羽冠)がある。尾羽は先端近くに黒帯があり,末端が白い。胸は淡い灰褐色で,腹は白く,と脚は赤い。頸と脚は長く,外形はヘビクイワシに似ていて,生態もやや似ている。飛ぶことはできるが,おもに地上で生活し,走るのも速い。昆虫類,ヘビ類,小動物を食べるが,植物質もときどきとる。巣は地上か,樹上でも歩いて登れる低い位置につくる。なお,ノガンモドキCariamidae南アメリカ固有種で,2種よりなり,もう 1種のハイイロノガンモドキ Chunga burmeisteri はボリビアからパラグアイ,アルゼンチン北部に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アカノガンモドキの関連キーワードChunga burmeisteri

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android