コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカマタ あかまた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカマタ
あかまた
[学]Dinodon semicarinatus

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目ナミヘビ科のヘビ。同科マダラヘビ属の1種で無毒ヘビ。奄美(あまみ)諸島、沖縄諸島に分布し、現地ではマツタブとよばれる。全長1~1.7メートル、例外的には2メートルを超える。体の背面は赤褐色で、頭部から尾部にかけて50~70個ほどの幅広い黒色の帯状模様が並ぶ。頭部はやや大きくて扁平(へんぺい)、瞳孔(どうこう)は縦長の楕円(だえん)形である。性質はかなり荒く、頭を三角形にして身構え飛びかかって噛(か)みつくので、はでな色彩も一因となって本種を恐れる人もあるが、まったくの無毒である。夜行性で、アジアのキングヘビともよばれるように、形態や習性が北アメリカ産のキングヘビ属に類似し、貪食(どんしょく)で、毒ヘビであるハブの幼蛇を含むヘビ類、ネズミ、カエルをとらえる。卵生である。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアカマタの言及

【マダラヘビ(斑蛇)】より

…全長0.3~1.5mであるが,ほとんどが全長1m前後。日本には固有種のシロマダラD.orientalisが本州,四国,九州に,アカマタD.semicarinatus(イラスト)が奄美・沖縄諸島に,センカクマダラD.nigrofasciatusが尖閣諸島に分布するほか,中国,朝鮮半島,台湾に広く分布するアカマダラD.rufozonatusが対馬,尖閣諸島に産する。アカマダラの亜種のサキシママダラD.r.wallが八重山列島に,ヒマラヤ東部に分布するバイカダD.septentrionalisの1亜種であるサキシマバイカダD.s.multifasciatusが八重山列島に産する。…

※「アカマタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカマタの関連キーワードアカマタ・クロマタマダラヘビ(斑蛇)キングヘビマダラヘビ男子結社秘密結社浜降り来訪神潮干狩

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカマタの関連情報