コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカントアメーバ角膜炎 あかんとあめーばかくまくえん Acanthamoeba Keratitis

1件 の用語解説(アカントアメーバ角膜炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

あかんとあめーばかくまくえん【アカントアメーバ角膜炎 Acanthamoeba Keratitis】

[どんな病気か]
 アカントアメーバが角膜に感染しておこる角膜炎で、ソフトコンタクトレンズを使用している人に多くみられます。
 レンズ洗浄液に水道水を使用すると、その中でアカントアメーバが増殖して感染源になると考えられています。
[症状]
 真菌性角膜潰瘍(しんきんせいかくまくかいよう)(コラム真菌性角膜潰瘍」)と似ています。初期は角膜の濁りや充血がみられますが、強い痛みを訴えるのが特徴です。進行すると角膜中央に白色円形の混濁がみられます(検査法についてはコラム「アカントアメーバ角膜炎の検査」)。
[治療]
 非常に治りにくいものです。病巣部(びょうそうぶ)を掻爬(そうは)してアメーバを除去し(診断にも有用)、抗真菌薬を使用します。
 点滴の場合、その薬液の一部を点眼用に使うこともあります。診断が遅れ、治療が遅れると強い混濁が残ります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

アカントアメーバ角膜炎の関連キーワードアメーバ赤痢赤痢アメーバ変形体アメーバ何心地アカントアメーバアメーバ症アメーバ性急性アメーバ症急性アメーバ大腸炎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone