アカントアメーバ角膜炎(読み)あかんとあめーばかくまくえん(英語表記)Acanthamoeba Keratitis

家庭医学館の解説

あかんとあめーばかくまくえん【アカントアメーバ角膜炎 Acanthamoeba Keratitis】

[どんな病気か]
 アカントアメーバが角膜に感染しておこる角膜炎で、ソフトコンタクトレンズを使用している人に多くみられます。
 レンズ洗浄液に水道水を使用すると、その中でアカントアメーバが増殖して感染源になると考えられています。
[症状]
 真菌性角膜潰瘍(しんきんせいかくまくかいよう)(コラム「真菌性角膜潰瘍」)と似ています。初期は角膜の濁りや充血がみられますが、強い痛みを訴えるのが特徴です。進行すると角膜中央に白色円形の混濁がみられます(検査法についてはコラム「アカントアメーバ角膜炎の検査」)。
[治療]
 非常に治りにくいものです。病巣部(びょうそうぶ)を掻爬(そうは)してアメーバを除去し(診断にも有用)、抗真菌薬を使用します。
 点滴の場合、その薬液の一部を点眼用に使うこともあります。診断が遅れ、治療が遅れると強い混濁が残ります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android