コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗菌薬 こうきんやく

妊娠・子育て用語辞典の解説

こうきんやく【抗菌薬】

病気の原因となる細菌に「対抗」する薬。細菌が増えるのを抑えたり、殺す作用があります。ウイルスには効きません。抗菌薬のうち、微生物からつくられたもの(青カビから作られるペニシリン薬が代表的)を抗生物質といいます。けれど現代は化学的に合成された合成抗菌薬も多数あるので、総称して「抗菌薬」と呼んでいます。細菌が原因の病気のときは、「何の菌なのか」を見極め、それに効果のある抗菌薬を選択するのが医師の大事な仕事。そして、処方されたときは、処方された分をきちんと最後まで用いることが大切。途中でやめてしまうと、また菌が活発になる心配があります。最近は、MRSA(メシチリン耐性黄色ブドウ球菌のこと)など、抗菌薬に抵抗力をもった「耐性菌・たいせいきん」の出現が大きな問題となっています。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について | 情報

抗菌薬の関連キーワードMRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)感染症メタロβラクタマーゼ(MBL)産生菌Meiji Seika ファルマ多剤耐性アシネトバクター菌塩酸モキシフロキサシンクラミジア尿道炎の検査製薬の2010年問題B群溶血性連鎖球菌感染制御専門薬剤師最小発育阻止濃度新型耐性菌CRE肺炎球菌ワクチン結核の標準治療抗菌スペクトルスーパー耐性菌市中肺炎の治療アベロックス錠ニューキノロンカルバペネム超多剤耐性菌

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗菌薬の関連情報