コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキアカネ

3件 の用語解説(アキアカネの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アキアカネ

県内全域に生息する最も身近なトンボだが、行動範囲は広く、研究者らの注目を集める。秋に山を下りて人里に戻るころ、オスの体が赤く色づく。「赤トンボ」はアカネ属のトンボの総称で、県内ではアキアカネのほか、ナツアカネ、マイコアカネなどが生息する。

(2008-10-04 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキアカネ
アキアカネ

ナツアカネ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキアカネ
あきあかね / 秋赤蜻蛉・秋茜
[学]Sympetrum frequens

昆虫綱トンボ目トンボ科のアカネ属の昆虫。日本にもっとも普通にみられるトンボで、一般にアカトンボというときにはこの種をさす。体長約4センチメートルで、6月末ごろに羽化し、いったん高地へ移り、秋には平地に移動する。[朝比奈正二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアキアカネの言及

【アカトンボ】より

…日本産の種はアジア大陸の北東部と共通のものが多い。一般に羽化したばかりの成虫では体の地色は全体黄褐色で,成熟によって赤色化するもの(アキアカネ,ナツアカネ,ミヤマアカネ,リスアカネ,マユタテアカネ,ネキトンボなど多数),黒色化するもの(ムツアカネ),青黒色で白粉を帯びるもの(ナニワトンボ)などがある。しかし雌は原則として羽化直後の黄褐色を保ち,例外的に赤化する個体がある(マユタテアカネなど)。…

※「アキアカネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アキアカネの関連キーワードヤクシカハゼ近思塩辛蜻蛉蜻蛉玉アレンの法則(生物学)ベルクマンの法則県内の暴力団情勢赤トンボヒヒ(狒々)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アキアカネの関連情報