コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクター アクターactor

翻訳|actor

3件 の用語解説(アクターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アクター(actor)

男の俳優。男優。⇔アクトレス

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

アクター

かわぐちかいじによる漫画作品。常識破りの演技をする俳優がライバルたちと戦いながら演技者として成長していく姿を描く。『モーニング1984年~1988年に連載。講談社モーニングKC全9巻。第11回(1987年)講談社漫画賞 一般部門受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

アクター【actor】

俳優。特に、男の俳優。 → アクトレス

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアクターの言及

【俳優】より


[〈俳優〉という言葉の周辺]
 今日の日本でわれわれ知るところの俳優という概念は,ほぼ近代西洋演劇におけるそれの移入であると言ってよい。すなわち,具体的には英語でいえばアクターactor,フランス語でいうとアクトゥールacteurまたはコメディアンcomédien,ドイツ語ではシャウシュピーラーSchauspielerといった近代西洋語の指し示すものがそれに当たる(なおフランス語のニュアンスとしては,アクトゥールがときに自分の人格を役に押しつけ気味なのに対して,コメディアンはもっと広く深く,自分を消してさまざまの役に変身でき,アクトゥールよりまさる者とされたりもしている)。 このような近代西洋語の概念に対して,日本で明治期にそれらの西洋型概念の訳語としても用いられるようになった〈俳優〉という中国語(漢語)が持つそもそもの意味合いや(別項の〈俳優〉参照),あるいは日本古代に用いられた〈わざおぎ(俳優)〉という言葉が意味するところのものは,かなりそのニュアンスを異にしている。…

※「アクター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アクターの関連情報