アクネ化粧品(読み)アクネけしょうひん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクネ化粧品
アクネけしょうひん

アクネはにきびのこと。にきび肌用の化粧品をいう。思春期に多いにきびは,皮脂の過剰な分泌,ホルモンのバランスなどが原因となって毛穴がふさがれ,そこに皮膚の雑菌が作用してできるが,炎症を起こして化膿するものもある。原因となる余分な皮脂を取り除き,細菌の繁殖を抑えるため,殺菌剤などが配合されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アクネ‐けしょうひん〔‐ケシヤウヒン〕【アクネ化粧品】

にきび専用の化粧品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android