アクリル酸エステル(読み)あくりるさんえすてる(英語表記)acrylate ester

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクリル酸エステル
あくりるさんえすてる
acrylate ester

アクリル酸とアルコール(またはフェノール)から生成するエステルの総称。一般式CH2=CHCOORで示される。実験室的には、濃硫酸を触媒としてアクリル酸とアルコールを反応させると得られる。
 アクリル酸メチルCH2=CHCOOCH3は沸点79.6~80.3℃、無色で不快臭のある液体。工業的にもっとも重要なアクリル酸エステルであり、プロピレンの接触酸化により製造したアクリル酸をメタノールによりエステル化する製造法で合成されている。この方法ではプロピレン675キログラムとメタノール400キログラムから1トンのアクリル酸メチルが得られる。
 炭素数の多い高級アルコールのエステルは、アクリル酸メチルからエステル交換反応を利用して合成する。メチルエステルからヘキサデシルエステルまでの同族体は、いずれも常温で液体である。炭素数の少ない低級アルコールのエステルは不快臭をもち、毒性が強いので、吸入、皮膚への付着を避けなければならない。過酸化物、光、熱などにより重合をおこしやすいうえ、重合鎖の間の架橋をおこすのでアクリル樹脂の原料となる。工業的にはメチルエステルのほかエチル、ブチル、2-エチルヘキシルエステルが使われ、おもな用途はアクリル繊維の改質、塗料、接着剤などで、いずれも共重合体が用いられている。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android