コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグン[山] アグン

百科事典マイペディアの解説

アグン[山]【アグン】

インドネシアのバリ島北東部にある活火山山名は〈火の神の宿る山〉の意。標高3142m。バリ島の最高峰で〈バリの峰〉として知られる。バリのヒンドゥー教信仰の対象であり,中腹ブサキ寺院がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アグン[山]【Gunung Agung】

インドネシア,バリ島北東部にそびえる活火山。標高3142mで,島の最高峰。山名は〈火の神の住む山〉の意で,古来バリ島守護神の居所として信仰の対象とされた。山麓のブサキ寺院はその一つであり,島ではアグン山に向かう方角が聖なる方位である。1808年以来今日までしばしば大爆発をおこし,時に大被害を及ぼす。南麓は水田の連なるバリの中心部で,島の観光開発の一中心。【別技 篤彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアグン[山]の言及

【バリ[島]】より

…島の中央部を東西に火山脈が走り,2000m級の山が連なる。東端のアグン火山(標高3142m)が最高峰で,聖なる山とみなされ,ふもとにブサキBesakih寺院がある。南部の平野は水稲作の行われる穀倉地帯で,人口密度も高い。…

※「アグン[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アグン[山]の関連キーワードインドネシア

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アグン[山]の関連情報