コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグン[山] アグン

2件 の用語解説(アグン[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アグン[山]【アグン】

インドネシアのバリ島北東部にある活火山。山名は〈火の神の宿る山〉の意。標高3142m。バリ島最高峰で〈バリの峰〉として知られる。バリのヒンドゥー教信仰の対象であり,中腹にブサキ寺院がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アグン[山]【Gunung Agung】

インドネシア,バリ島北東部にそびえる活火山。標高3142mで,島の最高峰。山名は〈火の神の住む山〉の意で,古来バリ島守護神の居所として信仰の対象とされた。山麓のブサキ寺院はその一つであり,島ではアグン山に向かう方角が聖なる方位である。1808年以来今日までしばしば大爆発をおこし,時に大被害を及ぼす。南麓は水田の連なるバリの中心部で,島の観光開発の一中心。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアグン[山]の言及

【バリ[島]】より

…島の中央部を東西に火山脈が走り,2000m級の山が連なる。東端のアグン火山(標高3142m)が最高峰で,聖なる山とみなされ,ふもとにブサキBesakih寺院がある。南部の平野は水稲作の行われる穀倉地帯で,人口密度も高い。…

※「アグン[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アグン[山]の関連キーワードインドネシア語インドネシア語派エトナ山小スンダ列島スリントバ湖バリ島マレー語インドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone