コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アケウス Achaeus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アケウス
Achaeus japonicus

軟甲綱十脚目クモガニ科。甲の輪郭は洋梨形で,長さ 2cmほど。甲の石灰化の度が低く,眼窩も形成されていないため,クモガニ科のなかでは下等とされる。歩脚は著しく長い。水深 10~50mの岩の多い海底にすむが,動きが鈍く,常に海綿に覆われている。東京湾以南九州まで分布する日本固有種。インド西太平洋海域に同属の種が約 35種分布している。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アケウスの関連キーワード甲類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android