アゴラクリトス(英語表記)Agorakritos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アゴラクリトス
Agorakritos

前5世紀後半に活躍した古代ギリシアの彫刻家。パロス島生れ。フェイディアス愛弟子の一人。古代ギリシアの傑作の一つとされるラムヌースの『ネメシス像』の作者として知られる。現在その頭部の断片大英博物館に,台座の浮彫の断片のいくつかがアテネ国立考古学博物館に残されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android