コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサディー Asadī, Abū Manṣūr `Alī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アサディー
Asadī, Abū Manṣūr `Alī

[生]1020頃.メシェッドトゥース
[没]1072頃
ペルシアの叙事詩人。対立詩形の開拓者。アサディー父子説があるが,現在では一人説が有力。英雄叙事詩『ガルシャースプの書』 Garshāsp-nāme (1066) をナフジャワーンの地方君主に献呈。ほかにアラブ人ペルシア人,天と地,昼と夜などをテーマとした『対立詩』 Munādarātがある。著書『ペルシア語辞典』 Lughat-e Fursはこの種の最古の辞典として名高く,文学史研究の資料としても有用。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アサディー

11世紀前半のイランの詩人。フィルドゥーシーの師といわれ,アラブ人とペルシア人,天と地など,5編の〈対立詩〉が残っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサディー
あさでぃー
Asad s
(1020ころ―1072ころ)

ペルシアの詩人。西欧の東洋学者はアブー・ナスル・アフマドとアリー・ビン・アフマドの親子の雅号であると主張したが、イランの学界では一人説が定説である。イラン東部のトゥースに生まれたが、のちに西部のアゼルバイジャンに移住し、地方君主に仕えた。文学史上三つの大きな業績を残したことで名高い。まず第一に、夜と昼、天と地、魂と肉体など対立するものを主題に作詩し、「対立詩」の開拓者として新分野を開いた。第二に、1066年にイランの神話伝説に基づき、ガルシャースプ王の生涯と武勇を主題に約1万句からなる長編英雄叙事詩『ガルシャースプの書』を作詩して保護者に捧(ささ)げた。第三の業績は、ペルシア語最古の『ペルシア語辞典』の編集である。東部の文学語を西部の学者、詩人に知らせるのを目的としたこの辞典には70人以上の詩人の作品が引用され、ペルシア語史、文学史研究の貴重な資料として定評が高い。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アサディーの関連キーワード育種2025年問題中国の大学事情Gregoriusサウル更級日記死海チェコ張載

アサディーの関連情報