コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサバスカ[湖] アサバスカ

百科事典マイペディアの解説

アサバスカ[湖]【アサバスカ】

カナダ北西部,サスカチュワン,アルバータ州境にある大湖。長さ約320km,幅10〜58kmで,三日月形をしており,面積7935km2。湖面標高213m。最深124m。
→関連項目マッケンジー[川]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アサバスカ[湖]【Lake Athabasca】

カナダ中央部,サスカチェワン州とアルバータ州にまたがる湖。面積8080km2,湖面標高213m,最大深度124m。マッケンジー川水系の中流部の湖で,アサバスカ川などが流入し,スレーブ川によって排水される。カナダ楯状地外縁部の巨大湖沼群の一つで,冬季の半年は結氷する。北岸のウラニウム・シティ一帯はビーバーロッジBeaverlodge地域とも呼ばれ,ウラン鉱の産出で知られる。【正井 泰夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android