アシカキ(読み)あしかき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシカキ
あしかき / 足掻
[学]Leersia japonica Makino

イネ科の多年草。小穂は1小花からなり左右に扁平(へんぺい)、包穎(ほうえい)は退化して、護穎(ごえい)と内穎は籾(もみ)状をなす。イネ属の小花はこれに似るが、基部に小さいが2包穎をもつので区別できる。小穂は長さ4.5~6ミリメートル。和名は、ざらつく植物体が人の足を掻(か)くためについた。本州から沖縄にかけての水湿地に群生し、朝鮮、中国にも分布する。[許 建 昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android