コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシルキャリヤータンパク質

栄養・生化学辞典の解説

アシルキャリヤータンパク質

 ACPと略す.脂肪酸生合成過程で脂肪酸の担体としての機能を果たす.D-パンテテイン4-リン酸が,このタンパク質のセリンのヒドロキシル基と共有結合しており,その-SH基はアシル中間体とチオエステルを形成してキャリヤーとなる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

アシルキャリヤータンパク質の関連キーワードホスホパンテテインパンテテイン

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android