コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア太平洋計量計画 あじあたいへいようけいりょうけいかくAsia-Pacific Metrology Programme

1件 の用語解説(アジア太平洋計量計画の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

アジア太平洋計量計画

アジア太平洋経済圏では、APEC(アジア太平洋経済協力会議)傘下での計量活動が進んでおり、メートル条約の流れをくむAPMPも1980年に発足した。APMPは、SIMヨーロッパ大陸を中心としたEUROMETなど、他の地域の計量組織と協力して、APEC地域内の国際比較や技術協力などの活動を進めている。日本は1999年から2003年まで議長国を務め、現在は韓国が議長国である。

(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

アジア太平洋計量計画の関連キーワード日中関係APECアジア太平洋経済協力APECエンジニアABACAPECAPMP環太平洋戦略的経済連携協定ボゴール目標アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone