コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア科学協力連合 アジアかがくきょうりょくれんごう Association for Science Cooperation in Asia

1件 の用語解説(アジア科学協力連合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジア科学協力連合
アジアかがくきょうりょくれんごう
Association for Science Cooperation in Asia

略称 ASCA。 1970年,フィリピン政府の提唱により設立。同連合は,アジア各国の科学的資源および科学研究計画に関する情報交換など,科学技術分野における加盟国間の協力を目的とする。 ASCA加盟国たる地位は,アジア地域諸国に開放されることとされているが,正式加盟手続等に関する明文の規定はなく,1~2年に1回開催される大臣レベル会議には,会議主催国が招請する国が参加することとなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジア科学協力連合の関連キーワード比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲ドール・フィリピン産パパイヤの日フィリピン毛頭虫感染ナヨンピリピーノマレーシアとフィリピンフィリピンと中国サンタ・アナ(フィリピン)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone