アジア科学協力連合(読み)アジアかがくきょうりょくれんごう(英語表記)Association for Science Cooperation in Asia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジア科学協力連合
アジアかがくきょうりょくれんごう
Association for Science Cooperation in Asia

略称 ASCA。 1970年,フィリピン政府の提唱により設立。同連合は,アジア各国の科学的資源および科学研究計画に関する情報交換など,科学技術分野における加盟国間の協力を目的とする。 ASCA加盟国たる地位は,アジア地域諸国に開放されることとされているが,正式加盟手続等に関する明文の規定はなく,1~2年に1回開催される大臣レベル会議には,会議主催国が招請する国が参加することとなっている。常設事務局は存在しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android