明文(読み)メイブン

大辞林 第三版の解説

めいぶん【明文】

文章にはっきり書き表すこと。また、その文章。
筋のとおった文。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あかし‐ぶみ【明文】

〘名〙 神仏の前で述べる誓いの文。願文(がんもん)
※源氏(1001‐14頃)玉鬘「御あかし文など書きたる心ばへなど」

めい‐ぶん【明文】

〘名〙
① 法典などに明らかに定めてある条文。めいもん。〔令義解(833)〕
※条約改正論(1889)〈島田三郎〉二「其前条に別に明文を掲げて之を規定せり」 〔漢書‐王莽伝上〕
② (━する) 筋道が明らかに通った文章を書くこと。また、理がよく通り、意味が明白である文章を書くこと。また、その文。
※殉死(1967)〈司馬遼太郎〉要塞「自分の屈辱をこのように明文して奏上する勇気と醇気は」 〔班固‐典引〕
③ すぐれた詩文。
※本朝麗藻(1010か)上・暮春侍宴左丞相東三条第同賦度水落花舞序〈大江匡衡〉「択墨客於鳳筆、皆瑩夜月之明文矣」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明文の関連情報