コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア象 アジアゾウ

デジタル大辞泉の解説

アジア‐ぞう〔‐ザウ〕【アジア象】

象の一種。体高約3メートル、体重約5トン。雌の牙(きば)はごく小さいが、雄のものは3メートルにもなる。インド・スリランカから東南アジアにかけて分布。人になれやすく、運搬などに使う。インド象。→アフリカ象

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アジアぞう【アジア象】

ゾウの一種。体重4~5トン。アフリカゾウと比較して耳が小さい。インドからスマトラ・カリマンタンにかけての森林に生息し、労役用に飼育されることがある。四亜種がある。インド象。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アジア象の関連キーワード古生物DNA解析アフリカゾウボルネオ象

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アジア象の関連情報