コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キサ

デジタル大辞泉の解説

きさ【象】

象(ぞう)古名
「―出で来てその山を越しつ」〈宇津保・俊蔭〉

しょう〔シヤウ〕【象】

かたち。ありさま。
「満目凡て大陸の―を示す」〈独歩・愛弟通信〉
易(えき)に表れた形。占形(うらかた)。

しょう【象】[漢字項目]

[音]ショウ(シャウ)(漢) ゾウ(ザウ)(呉) [訓]かたどる
学習漢字]4年
〈ショウ〉
物の形。目に見えるすがた。「印象気象具象形象現象事象心象対象万象
物の形をかたどる。「象形象徴
〈ゾウ〉
動物の名。ゾウ。「象牙(ぞうげ)/巨象」
物の形。「有象無象(うぞうむぞう)
[名のり]かた・きさ・たか・のり
[難読]椿象(かめむし)海象(セイウチ)

ぞう〔ザウ〕【象】

長鼻目ゾウ科の哺乳類総称。陸上動物では最大。頭部が巨大で、鼻は上唇とともに長く伸び、人間の手と同様の働きをする。上あごの門歯が伸びて牙(きば)となり、臼歯(きゅうし)は後ろから前へずれながら生え替わる。現生種はアフリカゾウアジアゾウに大別され、化石種にはマンモスナウマンゾウなどがある。

ぞう【象】[漢字項目]

しょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

別役実による戯曲。1963年、劇団自由劇場により初演。1965年、第11回「新劇岸田戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)の候補作品となる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

きさ【象】

ぞうの古名。 「 -出で来てその山を越しつ/宇津保 俊蔭

しょう【象】

かたち。すがた。 「太平の-を具したる春の日に/草枕 漱石

ぞう【象】

長鼻目ゾウ科の哺乳類の総称。中新世頃から栄え、化石で発見される種は多いが、現生種は大形のアフリカゾウ・アジアゾウの二種のみ。長い鼻は、鼻と上唇が伸びたもので、内部には骨格がない。上顎じようがく門歯は長く伸びて牙きばとなる。現生の陸生動物中では最大。仏教では白象を神聖視する。古名、きさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

象 (ゾウ・キサ)

動物。ゾウ科に属する動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【舜】より

…舜の父は瞽叟(こそう)で暗黒神。舜の庶弟の象(しよう)と謀って舜を殺そうとするが失敗し,象はのち南方の有鼻の国に封ぜられた。舜は南巡して蒼梧(そうご)の野に崩じて九疑山に葬られたが,この九疑の神が楚巫の祀(まつ)る最高神で,《楚辞》離騒に歌われ,舜のあとを追うて湘水(しようすい)に没した二妣の娥皇・女英は,湘君・湘夫人になったという。…

※「象」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

象の関連キーワードサンプラーン北海道中川郡幕別町忠類白銀町エレファントフェスティバルウーレンウェーバーアンテナチャンダオの象の学校グラノファイアー組織タイ象保護センター奈良県奈良市柴屋町チャーン・ビールヘブライ花崗岩イッシンドラ岩グラノファイア衆盲象を模す群盲象を評す群盲象を撫ず気象業務法メーサ渓谷禅鑑(2)ボルネオ象六牙の白象

象の関連情報