(読み)キサ

  • ▽象
  • しょう
  • しょう シャウ
  • しょう〔シヤウ〕
  • ぞう
  • ぞう ザウ
  • ぞう〔ザウ〕
  • 漢字項目
  • 象 (ゾウ・キサ)

デジタル大辞泉の解説

象(ぞう)の古名。
「―出で来てその山を越しつ」〈宇津保・俊蔭〉
かたち。ありさま。
「満目凡て大陸の―を示す」〈独歩・愛弟通信〉
易(えき)に表れた形。占形(うらかた)。
[音]ショウ(シャウ)(漢) ゾウ(ザウ)(呉) [訓]かたどる
学習漢字]5年
〈ショウ〉
物の形。目に見えるすがた。「印象気象具象形象現象事象心象対象万象
物の形をかたどる。「象形象徴
〈ゾウ〉
動物の名。ゾウ。「象牙(ぞうげ)巨象
物の形。「有象無象(うぞうむぞう)
[名のり]かた・きさ・たか・のり
[難読]椿象(かめむし)海象(セイウチ)
長鼻目ゾウ科の哺乳類の総称。陸上動物では最大。頭部が巨大で、鼻は上唇とともに長く伸び、人間の手と同様の働きをする。上あごの門歯が伸びて牙(きば)となり、臼歯(きゅうし)は後ろから前へずれながら生え替わる。現生種はアフリカゾウアジアゾウに大別され、化石種にはマンモスナウマンゾウなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

動物。ゾウ科に属する動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 象(ぞう)の古名。
※大智度論平安初期点(850頃か)三四「善勝白象(キサ)を下りて、怨家に施与して」
※名語記(1275)六「けだもののきさ、如何。答、象をきさといへり」
〘名〙
① かたち。すがた。ありさま。形象。
※自然真営道(1753頃か)大序「文字始於易卦爻〈略〉做之以事物理象皃似諸字、以貝作宝字類
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉大連湾進撃「満目凡て大陸の象(シャウ)を示す」 〔荘子‐達生〕
② 易であらわれたかたち。占形(うらかた)。〔易経‐繋辞下〕
③ (のり、てほんの意) 道理。人間が守らなければならないおきて。規則。法律。
※米沢本沙石集(1283)一〇末「文を尊ぶ故に、人文を学でいつはり多し。されば五帝の象(シャウ)をたれ、蒼頡(さうけつ)か書をつくり」 〔史記‐楽書〕
〘名〙 ゾウ科に属する哺乳類の総称。体高二・五~三・五メートル。体はきわめて大きく、現存の陸生動物中最大。全体に灰色ないし灰黒色で皮膚は厚く体毛はほとんどない。四肢(しし)は太く柱状。耳は葉状で大きいが目は小さい。鼻と上くちびるが管状になって長くのび、水を吸い、手の働きをするほか攻撃の具にもなる。上あごの門歯が口外に長くのびて牙となり、象牙(ぞうげ)と呼ばれる。草食性で、力は強大。アジアゾウとアフリカゾウの二種が現存し、それぞれに属する亜種セイロンゾウ・マルミミゾウが著名である。マルミミゾウは耳の形などが他の亜種と異なるために、別の種とされる場合もある。中新世(約二〇〇〇万年前)ごろから栄えた動物で、多くの化石種がある。象牙は種々の細工物に利用。白象は、普賢菩薩(ふげんぼさつ)の使いと信じられ、菩薩の乗り物として名高い。古名、きさ。
※観智院本三宝絵(984)下「又普賢菩薩をみて象にのりて頂をなでたり」
※幸若・高たち(室町末‐近世初)「しし、さう、虎のほうる声かくやとおもひしられたり」 〔史記‐大宛伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【舜】より

…舜の父は瞽叟(こそう)で暗黒神。舜の庶弟の象(しよう)と謀って舜を殺そうとするが失敗し,象はのち南方の有鼻の国に封ぜられた。舜は南巡して蒼梧(そうご)の野に崩じて九疑山に葬られたが,この九疑の神が楚巫の祀(まつ)る最高神で,《楚辞》離騒に歌われ,舜のあとを追うて湘水(しようすい)に没した二妣の娥皇・女英は,湘君・湘夫人になったという。…

※「象」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

象の関連情報