コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスターナ古墳 アスターナこふん

1件 の用語解説(アスターナ古墳の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アスターナこふん【アスターナ古墳】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区のトルファン(吐魯番)東郊外(約50km)、高昌故城(こうしょうこじょう)の北方約1kmの火焔山(かえんざん)南麓にある、500基あまりの地下墓の遺跡。漢から唐の時代にかけての高昌国(5~7世紀にシルクロードの中継地として栄えた都市国家)の貴族の墓とされている。戦後の中華人民共和国成立(1949年)後に行われた発掘で、葬られたミイラ化した遺体とともに、当時のオアシス都市の生活を知る手がかりとなる彩色泥俑(さいしょくでいよう)・漆器・絹織物・文書・食料品や、2700点あまりの「トルファン文書」が発見され、一躍注目されることになった。この発掘により、中国の中原の文化が遠く西域まで及んでいたことも明らかになった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスターナ古墳の関連キーワード烏塁城焉耆回鶻和田烏魯木斉回疆哈拉和卓庫車哈密ハミ瓜

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone