コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスプロニシ島 アスプロニシトウ

1件 の用語解説(アスプロニシ島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アスプロニシ‐とう〔‐タウ〕【アスプロニシ島】

AspronisiΑσπρονήσι》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ無人島。キクラデス諸島の最南部、大小五つの島からなるサントリーニ島の中で最も小さく、主島ティラ島より、中央の火山島ネアカメニ島パレアカメニ島を挟んで、西側に位置する。紀元前1500年頃の大噴火で島の中央が沈み、外輪山の部分が島として残った。周囲はダイビングスポットとして知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone