コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスプロニシ島 アスプロニシトウ

デジタル大辞泉の解説

アスプロニシ‐とう〔‐タウ〕【アスプロニシ島】

AspronisiΑσπρονήσι》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ無人島。キクラデス諸島の最南部、大小五つの島からなるサントリーニ島の中で最も小さく、主島ティラ島より、中央の火山島ネアカメニ島パレアカメニ島を挟んで、西側に位置する。紀元前1500年頃の大噴火で島の中央が沈み、外輪山の部分が島として残った。周囲はダイビングスポットとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アスプロニシ島の関連キーワードエーゲ海シラ島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android