コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントリーニ島 サントリーニトウ

デジタル大辞泉の解説

サントリーニ‐とう〔‐タウ〕【サントリーニ島】

SantoriniΣαντορίνη》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ火山島。キクラデス諸島の最南部に位置する。ティラ島ティラシア島ネアカメニ島パレアカメニ島アスプロニシ島の大小五つの島からなり、サントリーニ島は一般的に最も大きいティラ島を指す。主な町はティラ島のフィライア。紀元前1500年頃の大噴火で島の中央が沈み、外輪山の部分が島として残り、中央火口の噴火が繰り返されてネアカメニ島ができた。サントリン島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サントリーニ島の関連情報