コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サントリーニ島 サントリーニトウ

デジタル大辞泉の解説

サントリーニ‐とう〔‐タウ〕【サントリーニ島】

SantoriniΣαντορίνη》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ火山島。キクラデス諸島の最南部に位置する。ティラ島ティラシア島ネアカメニ島パレアカメニ島アスプロニシ島の大小五つの島からなり、サントリーニ島は一般的に最も大きいティラ島を指す。主な町はティラ島のフィライア。紀元前1500年頃の大噴火で島の中央が沈み、外輪山の部分が島として残り、中央火口の噴火が繰り返されてネアカメニ島ができた。サントリン島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サントリーニ島
さんとりーにとう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サントリーニ島の関連キーワードアクロティリ遺跡古代ティラ遺跡エーゲ文明人力飛行機マリナトスイオス島パリキアパロス島ペリッサカマリ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サントリーニ島の関連情報