コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセンヤクノキ

百科事典マイペディアの解説

アセンヤクノキ

インド原産のマメ科の落葉小高木。アカシアの一種で,古木の心材の煮出液から阿仙薬を取り,樹脂はアラビアゴムにされる。阿仙薬は収斂,抗菌作用があり,咳や出血,消化不良に用いられる。
→関連項目染料作物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアセンヤクノキの言及

【ガンビールノキ】より

…マレーシアでは葉をキンマといっしょにかんだり,葉を茶の代用ともする。 なおマメ科のAcacia catechu Willd.(英名catechu tree∥cutch tree)の心材からも同様の方法で阿仙薬がとれ,アセンヤクノキといわれている。【福岡 誠行】【新田 あや】。…

※「アセンヤクノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android