コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッバース・ミールザー `Abbās Mīrzā, Nā'ib al-Salṭanah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッバース・ミールザー
`Abbās Mīrzā, Nā'ib al-Salṭanah

[生]1789
[没]1833. マシュハド
イラン,カージャール朝の皇太子。近代ヨーロッパ軍事技術をイランに導入した。アゼルバイジャン州知事 (在任 1798~99) を経て,ロシア=イラン戦争 (1804~13) ではイラン軍司令官。この敗戦後,軍隊の改革の必要に気づき,1811年最初の留学生をイギリスに派遣。 12年軍事書印刷のためにタブリーズに印刷所を設け,また同地に火薬工場,兵器工場を設置。第2次ロシア=イラン戦争 (26~28) でも再びイラン軍を指揮した。最初は優勢であったが,国王ファトフ・アリー・シャーが援軍を送らなかったため敗退した。その後宮廷内の争いに巻込まれ,ホラサン遠征中,死亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アッバース・ミールザーの関連キーワードカーイム・マカーム

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android