コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーシェル ハーシェル Herschel, Caroline Lucretia

9件 の用語解説(ハーシェルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーシェル
ハーシェル
Herschel, Caroline Lucretia

[生]1750.3.16. ハノーバー
[没]1848.1.9. ハノーバー
ドイツ生まれのイギリスの女性天文学者ウィリアムハーシェルの妹。兄を助けて天体観測に従事し,兄の観測の計算を手伝いながら,小型の望遠鏡で 1783年に星雲を発見,1786~97年に 8個の彗星を発見した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ハーシェル
ハーシェル
Herschel, Sir John Frederick William

[生]1792.3.7. スラウ
[没]1871.5.11. コリングウッド
イギリスの天文学者,化学者。父ウィリアム・ハーシェルの跡を継いで天体の観測と星雲の発見に業績を上げた。1813年ロイヤル・ソサエティ会員。ケンブリッジセント・ジョンズ・カレッジ在学中は微分積分学など数学の分野で活躍し,同僚とともにフランス流の優れた解析学の導入に尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ハーシェル
ハーシェル
Herschel, Sir William (Frederic)

[生]1738.11.15. ハノーバー,ハノーバー
[没]1822.8.25. イギリス,スラウ
ドイツ生まれのイギリスの天文学者。洗礼名 Friedrich Wilhelm Herschel。音楽家の家庭に育ち,1757年のフランス軍のハノーバー占領でイギリスに逃れ,オルガン奏者として知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハーシェル(Herschel)

(Frederick William ~)[1738~1822]英国の天文学者。ドイツ生まれ。大型の反射望遠鏡を製作し、1781年に天王星を発見したのをはじめ、2500の星雲・星団、800の二重星を発見し、太陽系の運動を確認した。
(John Frederick William ~)[1792~1871]英国の天文学者。の子。天体の系統的観測を行い、500の星雲・星団、4000の二重星を発見。また天体写真術や恒星の光度測定にも貢献した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハーシェル

英国の天文学者。ドイツのハノーファーに生まれ,音楽家となり,1757年渡英。1772年ごろから天文学に熱中,反射望遠鏡を自作して天文観測に従事。1781年天王星を発見。
→関連項目エンケラドスハーシェル

ハーシェル

英国の天文学者。F.W.ハーシェルの子。初め法律を学び,のち天文学に転向。二重星4000,星雲・星団2500を発見,1834年―1838年南アの喜望峰で南天を観測,1864年にはNGC星表の基礎となった星雲・星団総目録を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハーシェル【Frederic William Herschel】

1738‐1822
イギリスの天文学者。ドイツのハノーファーの生れで,ドイツ名Friedrich Wilhelm Herschel。同地で音楽を学んで軍楽隊員となった。1757年イギリスに渡り各地で音楽を教えていたが,66年に保養地バースの楽団指揮者および教会のオルガン奏者となった。70年ころから天文学に興味をもち,天文書を読むだけではあきたらず,やがて反射望遠鏡を自作するまでになった。74年には口径13cm,また78年には口径16cmで焦点距離210cmの非常にすぐれた望遠鏡を作って,掃天観測を行った。

ハーシェル【John Frederick William Herschel】

1792‐1871
イギリスの天文学者。F.W.ハーシェルの子。初め法律を学んだが,やがて天文学に転じて二重星や星雲,星団に関する父の仕事を引き継いだ。1834年南アフリカケープタウンに赴き,ケープ天文台で38年まで南天の恒星や星雲,星団の観測を行った。この観測資料を父の資料と統合整理して64年に5079個の星雲,星団,銀河を含む《星雲・星団総目録》を発表した。これはJ.L.E.ドライヤーの《NGC星表》(1881)の基礎となったものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハーシェル【Herschel】

〔Frederick William H.〕 (1738~1822) イギリスの天文学者。ドイツの生まれ。自作の望遠鏡により、天王星はじめ多くの星雲・二重星を発見。太陽系の空間運動、恒星分布と銀河系の形状などの研究にも業績を残した。
〔John Frederick William H.〕 (1792~1871) イギリスの天文学者。の子。恒星の等級と明るさとの関係を研究した。また、南半球で星数調査を行い、統計星学の先駆者ともなった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハーシェルの言及

【宇宙】より

…すでにガリレイは銀河が無数の恒星の集りであることを望遠鏡による初めての天体観測(1609)で見つけたが,その後イギリスのライトT.Wright(1711‐86)や哲学者I.カントは,われわれのまわりの恒星が太陽を中心とする凸レンズ状の孤立した系をつくっていると説いた(1750‐55)。天王星を発見した(1781)F.W.ハーシェルはその後この考えを観測的に発展させ,初めて銀河系のモデルを発表した。20世紀初めのJ.C.カプタインの研究に至るまで続いた,太陽を中心付近に置く銀河系モデルを画期的に改めたのは,1917年アメリカのウィルソン山に完成した2.5m反射望遠鏡を用いたH.シャプリーの研究であった。…

【光学異性】より

… 1815年フランスの物理学者J.B.ビオはテレビン油のような液体やショウノウ,ショ糖などの溶液が偏光面を回転させる力があることを発見した。21年イギリスの天文学者F.W.ハーシェルは一方の半面像をもつ石英結晶は偏光面をある一方に,もう一方の半面像をもつ結晶は逆方向に回転させることを発見した。48年L.パスツールは光学不活性ブドウ酸は(+)‐酒石酸と(-)‐酒石酸の等量混合物であることを示し,光学異性の原因が結晶の不斉に限らず分子の不斉にあることを示した。…

【赤外線】より

…光のスペクトルでいうと赤色の部分の外側にあたるのでこの名がある。1800年にイギリスのF.W.ハーシェルが,太陽スペクトルの赤色部分より長波長側に熱効果の大きい部分があることを発見したのが最初である。波長数μm以下を近赤外,波長25μm以上を遠赤外,その間を中間赤外と呼び,また,波長25μm,30μmまたは50μmを境として,それ以上を遠赤外線,以下を近赤外線と総称することもある。…

【天王星】より

…軌道半長径=19.2184天文単位離心率=0.0463 軌道傾斜=0゜.773太陽からの距離 最小=27.41×108km平均=28.75×108km最大=30.08×108km公転周期=84.075年 平均軌道速度=6.81km/s会合周期=369.7日 赤道半径=2万5400km体積=63(地球=1) 質量=14.54(地球=1)平均密度=1.27g/cm3自転周期=0.718日 赤道傾斜角=97゜.88アルベド=0.51 平均極大光度=+5.3等赤道重力=0.89(地球=1) 脱出速度=21.29km/s太陽系の第7惑星。1781年3月13日,F.W.ハーシェルによって発見されたが,6等より明るいためそれ以前に20回以上も恒星として観測されていることがわかった。名称はギリシア神話のウラノスに由来する。…

【天文学】より

…この小惑星の発見に伴って,C.F.ガウスによって〈軌道論〉が開拓された。またイギリスのW.ハーシェルは1781年に新しい大惑星天王星を発見した。その後の観測によって天王星の運動がニュートン力学によって説明しえない不規則さを示したため,さらにその外側に未知の惑星が存在するという予想のもとに,フランスのU.J.ルベリエとイギリスのJ.C.アダムズが万有引力則に基づいて未知惑星の位置を推算した。…

【青写真】より

…鉄(III)塩の感光性を利用した写真法でシアノタイプcyanotypeともいう。1842年,イギリスのハーシェルJohn Herschel(1792‐1871)が発明し,1950年ころまで土木,建築,機械などの設計図面の複製用として広く使われた。青写真の感光紙は,紙に塩化鉄(III),シュウ酸鉄(III)アンモニウム,クエン酸鉄(III)アンモニウムなどの鉄(III)塩をフェリシアン化カリウム(赤血塩)とともに水に溶解して塗布し,乾かして作る。…

【虚報・誤報】より

…フィクションを現実のニュースとして提供するのと,善意,悪意を問わず,フィクションを混入するのとの違いではあるが,具体的事例にそくして,両者の間に境界線をひくことは難しく,ふつう日用語では誤報という用語で一括している。 ジャーナリズム史上著名な誤(虚)報としては,1835年8月,ニューヨークの大衆紙《サンSun》が,天文学者ハーシェルJohn Herschelの最新設備巨大望遠鏡による大発見と称して,月にコウモリ状(man‐bat)の生物がいるという続きものを連載した事件〈Moon Hoax〉があげられる。ニューヨーク各紙は争ってこれを転載,熱狂的ブームを巻き起こして《サン》の部数は急増(1万9000部で世界一と自称)する。…

※「ハーシェル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハーシェルの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハーシェルの関連情報